難病介護離職と早期リタイア時々田舎暮らしを夢見て

#11【なぜ離職の道を選んだか(6)】

前回の腎盂炎も落ち着き親も私も

通常の生活に戻っていきました。





親もここ何十年大きな病気もしてこなく

建康そのもので朝から晩までバリバリ

働く働き者でした。

働く1



悪く言えば仕事人間でしたね。




なのでこの頃丁度定年退職して色々な

プレッシャーからも解放されて

【燃え尽き症候群】になるかと思いきや

あの不景気な時に自分で【再就職先】を

見つけて新しい仕事をして日々を

暮らしてる状況でした。





しかしその親が急に体調が悪いと

言いだし色々身体にガタが来始める

頃だったのかと今思います。





なのでみなさんも親がいる方は

いつ自分の親が病気になるか

わからないので色々話して万が一に

備えておくことをおすすめします。


働く人



自分だけではなく親の世話もやろう

とすると自分の時と勝手が違うので

その場その場の対応は大変になります

入院の手続き、生命保険の連絡先

急な病気でのお金、口座の引き落とし

親戚の連絡、市区町村などの公共の

補助、相談先など調べておくと

後々助かります。


銀行





さて本題に戻ります・・・





そんな親がまた自分の体に不調を

訴え始めたのです・・・





親も自分なりに本屋に行って色々

調べたらしく今のこの不調は本によると

どうやら何かの


【病気の初期症状】


に似ているとのこと・・・




本よみ






ただ基本的にうちの親は物事に対して

流されやすくTVで体にいいと

放送されればその商品ばかり飽きる

まで食べ続けたりする人なので本にも

よく昔から影響されやすく今回も

前に病院で診てもらった時の体調不良

を思い出したかで若干不安

になってきてるだけだと思ってました。






しかし今回ばかりは親の病魔は私

の考えとは逆に着実に親の体の

近くまで迫っていました・・・






悪魔




      <前に戻る





      <<最初に戻る
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。