難病介護離職と早期リタイア時々田舎暮らしを夢見て

#7【80年代のミニ四駆ブーム前から(2)】

前回の続きで【ミニ四駆】のお話です。

【スーパードラゴンjr】など人気が急騰して

きた頃に私たちの【ジャンプ】、【ファミ通】

に続いて少年のバイブル

【コロコロ】と【ボンボン】です。

この雑誌も語りだすと止まりませんが

この雑誌に漫画の題材にもミニ四駆が

取り上げられ1987年【ダッシュ!四駆郎】

が連載開始されました。


Amazon スポンサーリンク様


そしてこの漫画やアニメは

(まぁミニ四駆漫画あるある)

通常ミニ四駆は直進しか進めません




しかーし流石漫画このミニ四駆達は

左右に動く動く(笑)しかも主人公が

声をかけるとあたかも頭脳があるように

飛んだり、カーブもします。




まるでペットの様にミニ四駆と対話して

あらゆる大会に出るというお話。





当然そんな自由自在に動くミニ四駆に

憧れみんな「行けーっ」とか「飛べーっ」




って叫びながらミニ四駆を走らせ

てましたね。





そしてミニ四駆の醍醐味と言えば・・・





そう【改造】です。


Amazon スポンサーリンク様


自分の改造でどれだけ早くなるのか

を近所のおもちゃ屋&プラモ屋が

小さなサーキットの大会を開くのです。

そこで自分のおこずかいと工夫で

大会に出ていい順位を競って遊んで

ました。






まだ私がやってる時はそこまで改造

パーツは出回ってなくまずはみんな

車体のシャーシ(土台)部分の軽量化

です。当時は火で鉄の棒を熱して

それをシャーシに直接当て車体の

電池の置く所の使わない部分を溶かして

穴を開けて軽量化していきます。





もちろんライター使ったり、キッチン

のガスコンロを使う物だから親に怒られ

ながら改造してましたね(笑)


Amazon スポンサーリンク様


そしてミニ四駆なのに(基本は4輪駆動)

2輪駆動のFRにしていらない




部品を取って軽量化、次に取り掛かる

のはボディーの軽量化もちろん穴開け

です。





そして、タミヤも商売なので次々と

新しい改造パーツを発売していきます。

「スポンジタイヤ」、「ガイドローラー」

「ハイパーミニモーター」

「ハイパーダッシュモーター」

「クリアボディー」、「ニカド電池」




Amazon スポンサーリンク様



などなどいろんな改造パーツが出て

ましたね。改造して早くなる自分の

ミニ四駆にはまっていきました。









そんなある時・・・

少年はミニ四駆との決別

をするときがくるのです・・・




     <前に戻る     次へ>




      <<最初に戻る













(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。