難病介護離職と早期リタイア時々田舎暮らしを夢見て

#5【北斗の拳 おまえはもう・・】

さて今回もジャンプの中から一つピックアップ

という事で今年PS4にてゲームが出るという

事なのでそれに乗っかってみました。

とりあえずこれが販売されるそうです

「龍が如くではなく北斗が如く」


北斗の拳は最初低学年の頃は絵的にあまり気に

ならない漫画でした。少し大人向けの絵のタッチ

とでも言いましょうか、ちょっと少年の頃はとっつき

にくい感じでした。

みなさんもあるあるだと思いますが絵的にNGで

読んでみると面白い、読んでたら気にならない

この漫画この絵のタッチだからいいじゃないと

【読んでみると意外と面白いあるあるです。】

この【北斗の拳】も最初こんな感じでした。



しかも連載していた当初は今ほど規制もきつくなく

頭が割れたり、内臓が飛び出たりと(笑)なんでも

ありの時代でしたまさに世紀末

なので見ていなかったですが、ひょんな拍子で

読んでそれがきっかっかけで読み始めるって

ことも漫画あるあるの一つではないでしょうか?

豆情報 1983年41号からジャンプにて連載開始

1988年まで連載そして

1984年~1987年までアニメをやっていました。

アニメは北斗の拳2までやってましたね。




北斗の拳ももちろん変身シーン(笑)はありました。

そうあの何度破れてもなぜか綺麗に新調するあの

上半身の服が破れるシーンや、指をポキポキ

首をポキポキ、「あたたたたたたっ」と叫んだり

秘孔を突くなど子供心をくすぐる要素満載でしたね

どうやら服は雑魚を倒してそれを剥いで縫って

着ているという情報もあります。さすが継承者(笑)




そして・・・

「お前はもう死んでいる」、「お前の命はあと○秒」

「てめぇらの血は・・・何色だぁああ!!」

「わが生涯に一片の悔いなし!!」

「北斗百裂拳」

「あべし」「ひでぶぅ」
などなど・・・

名言もかなりある漫画ですね。



後半は多分修羅の国あたりからあまり見なく

なってしまいましたが、ラオウまでの戦いは

実にすごいボリュームでした。

しかもこの漫画いい村人や女、子供も容赦なく

殺○ていきます。少年の時はこんな時代が来たら

怖いな~って思っていました。


今じゃネタにされてますが「種もみじぃさん」事ただ

種もみを持ってるだけのお爺さんでさえ標的に

なってしまいます。でもこの容赦ない命のやりとりが

あるからこそ物語の命の尊さ、水などの大切さ

はたまた人生とはなんだ、みたいな壮大な物語

なっていったのでしょう。



北斗の拳はもちろんファミコンなどでゲーム化

もされよく遊んでましたがやはり難しすぎて

クリアできません。この当時のファミコンは出す

ゲームは鬼畜仕様で今みたくネットもないので

「ファミ通」、「攻略本」などみて頑張ってましたね。


ここ最近だとパチスロ、パチンコにてまたブームを

巻き起こしてますが私も少し前まではカジリ程度

にやってましたが、パチスロの4号機の北斗の拳

は大好きでした。

とくにあのタフボーイが流れてる時の優越感が

最高でラオウを昇天させた達成感は今でも

忘れません(笑)

なぜかレインボーオーラだと長続きしなかった

思い出も今じゃいい思い出です。

いろんな悲しみを知ったいい漫画でした。


楽天 スポンサーリンク様



Amazon スポンサーリンク様




     <前に戻る     次へ>


     <<最初に戻る



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。