「車中泊キャンプ 」カテゴリ記事一覧

難病介護離職と早期リタイア時々田舎暮らしを夢見て

#4【車中泊!汗をかいたら温泉でのんびり】

【車中泊!汗をかいたら温泉でのんびり】



さて季節も7月になりますね

各地梅雨明けなどの報告もあがってる

中、【車中泊の醍醐味】の紹介です。



軽キャンにて車中泊で田舎の移住先

を探す旅中にたまには【ゆっくり温泉】

入りたくもなりますよね?




特にこの暑くなる季節、汗を流したくなり

ます。そこでわざわざ高いお金払って

いいとこの温泉もいいのですが・・・




できれば安く入りたい^^



そんな私は【道の駅】に付属している

温泉やお風呂を利用しています。



【値段も安く】、【のんびり】でき時には

【サクッと】汗だけ洗い流せるという

メリットがありおすすめです。




そこで紹介するのはこの本です。


s-道の駅3
道路整備促進期成同盟会

全国協議会 (監修), ゼンリン (編集)




この編集の【ゼンリン社】とは地図で

信頼のある会社です。

郵便局の人も、ナビゲーションなども

利用している確かな情報元ですよ。





平成30年度版のテーマは、

「温泉♨大全」。道の駅の温泉全132湯と、

道の駅周辺の日帰り温泉1000湯を総力

特集し、道の駅を楽しみながら地域の

温泉に浸かる、ちょっと贅沢な旅を提案

します。




「道の駅 旅案内全国地図

[平成30年度版]」の特長



■温泉のある道の駅に行こう! !

特集「温泉♨大全」 道の駅の温泉

全132湯を総力特集。旅の途中で立ち

寄りたい経由型の利用を提案する

「エリア別」、道の駅を目的地にして

のんびり楽しむ滞在型を提案する

「テーマ別」、その他地図ページの

欄外で構成。



■道の駅周辺にある日帰り温泉が

地図上ですぐ探せる! 1/400,000ロード

マップ上に道の駅周辺の日帰り温泉を

掲載。旅行の計画時や旅行中、地図を

見ながら日帰り温泉施設が探せます。

ページ上部には、各施設の「住所」

「料金」「泉質」などの基本情報を紹介。




■全国1,134ヶ所すべての道の駅が

載っている! 道の駅総覧では、すべての

道の駅の施設情報を収録。

「ショップ」や「お食事処」の有無のほか、

営業時間、イチ押し商品、オススメメニュー

周辺の温泉などの情報も網羅

しています。

アマゾン様紹介文より

s-道の駅1
この様に道の駅の詳細が書かれており

一目で得たい情報を仕入れる事が

できます。

そして【ゼンリン】だけあって地図も載って

おり紙媒体特有の現在地が把握しやすく

距離感なども掴みやすく、紙媒体なので

書き込みをしやすいです。

s-道の駅2



パソコンやスマホで調べられる今

紙媒体の本は必要ないと思いがち

ですが・・・この本は持っておいて

損はないと思います。



データー上の地図だとピンポイント

すぎて他との比較も全体図も

把握しにくいですからね。



そしていざ【行きたい場所】が決まったら

そこで【スマホやPC】で、より詳しく行き

たい場所を調べ、【口コミ】などみて

決める事が、できるので私はこういう

使い方をしています。




私も基本紙媒体は持たないのですが

これはいい本です。



リンク貼っておくのでよかったら

見てみてください。おすすめです。




ロードマップ『道の駅 旅案内 全国地図 平成30年度版』
Amazon スポンサーリンク様より






Amazonでカテゴリー【ベストセラー1位】に

なってるほか【楽天でも1位!】




ただ楽天では今現在売り切れ

のようです。

(2018/06/30現在)




      <前に戻る      






       <<最初に戻る
















(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#3【軽キャンで移住先巡りに必要??】

【軽キャンで移住先巡りに必要??】


最近暖かくなってきて外に出る機会

も多くなりました。




そこでふと思ったたのですが。

私の【将来設計】の一つ温暖で静かな

田舎暮らしの移住先を探す旅

という目標があります。




自然いっぱいで景色がいい所に行くには

車を降りて結構歩かないとその場所まで

行けなかったり


【ふらっと散歩】したくても歩きだと帰りの

距離も気にしてそこまで遠くの方に歩け

なかったり、【街中を散歩】したくても

車だと走りながらはゆっくり見れ

なかったりするので

どうしたもんかと考えていました。

ダム1_



やはり【移住】するからにはそこの場所

を少しでも【多く調べて住む環境】

見ておきたいって思うので歩き&車だと

不便な所も出てきます。



そこで自転車があると便利だなと思う

様になりました。

もちろん【旅最中観光】もしていくので

駐車場に車を止めてそこから観光の

目的地まで自転車で行くのもとても

便利だと思うのです。



もちろん26インチの大きな自転車では

無く軽キャンに搭載できる

【20インチ折り畳み式自転車】

を積んで旅もいいかなと考えております。




折り畳み自転車とはいえ畳んでも

かなり大きいです。

なら【20インチ】ではなく【16インチ】でいいの

では?と思いがちですが以前私は

16インチの折り畳み自転車に乗って

駅まで通勤してた事があります。




しかし16インチはタイヤの径が

【小さ過ぎる為】ペダルを漕いでも

漕いでも全然進みません(笑)




ペダルの回転はすごく早いのに

かるく26インチのママチャリにすんなり

抜かれてしまう程実用的ではないの

です。歩く人にも早歩きの人だと

抜かれます(笑)




もちろん旅中で散歩程度なら16インチ

でゆっくりでもいいのでは?

と思いますがさすがに

以前の【トラウマ】があり漕いでも進まない

【16インチ】はなるべく避けたい訳です。



そして【軽キャン】の

どこに積むかの問題です。

さすがに【軽キャン】とはいえ軽自動車の

規格なのでそんなに積む場所も限られて

います。


大橋_

現状考えてるのは・・・




・車内の荷台の下

  (フルフラット化して高さを上げて

     下を荷物置き場に考えてます)

・助手席の足元

・外にルーフボックス設置してその中

・リアゲートにサイクルキャリア

・リアゲートにボックス設置してその中


と候補は上がっており今購入を検討

している所です。





ただ移住の旅に出るのはまだ先の話

なのですが・・・




現状物価の高騰があります。

それは折り畳み自転車も例外では

ありません1年前より少しずつ値上がり

しています。




なので今のうち【買って保管】していても

いいかなと思う次第です。

来月にでもポチってしまうか

悩んでいます(笑)







楽天 スポンサーリンク様より



【Amazon.co.jp限定】キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ]標準装備 ブラック YG-777
Amazon スポンサーリンク様より


     <前に戻る      次へ>





     <<最初に戻る






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#2【軽キャンでの車内の電気の確保】

さて【軽キャン準備編】という事で車内を

どう快適に過ごすかが一番大事だと

思います。


そこで春、秋は良いのですが夏、冬の

車内はどちらも過酷で厳しい場所に

なります。

夏は灼熱一歩間違えれば・・・

怖い怖い(汗)

冬も極寒の車内・・・

そこをどう快適に過ごすかという考えに

至るわけです。

夏冬_


最近の主流は夏は扇風機&換気扇

で車内の空気をうまく回して涼しくしたり

冬は電気敷布団でぬくぬく暖かな寝床

にしたりと車内で電気を多く使う事が

多くなりました。



もちろんアイドリングして車内生活を

するわけではないので【サブバッテリー】

が必要になります。



そこで最近とても便利なツールがこの

【ポータブル電源】

というサブバッテリーをご存知でしょうか?



昔はサブバッテリーと聞くと普通の

自動車についているバッテリーを

そのまま車内にもう一台分用意し

流用して電源にするのが

普通でしたがこれだとバッテリー

倒れたり、液漏れしたり

と危険な面もあります。

ある程度、放電状態になると、蓄電能力

が低下してしまい、再充電を行っても

回復するのが厳しくなります。



ディープサイクルバッテリーも重く大きく

いまの時代にあってないバッテリーに

なりつつある中、外部充電例えば

【ソーラー充電】、【走行充電】もでき、

【内容量】も多く、夜から朝まで電気毛布

を使っても耐えられるような大容量で

持ち運びも便利なのが

【ポータブル電源】です。




このようなタイプが色んな各社様から

出てます。


楽天 スポンサーリンク様より



suaoki ポータブル電源 G500 137700mAh/500Wh 家庭用蓄電池 純正弦波 液晶大画面表示 三つの充電方法 ソーラー充電 ACコンセント(300W 瞬間最大600W) DC/USB/Type-Cなど出力 急速充電QC3.0搭載 車中泊 キャンプ 防災グッズ 停電時に 12ヶ月保証
Amazon スポンサーリンク様より




お値段もピンキリでもっと小型でお値段

も安いタイプもあります。


楽天 スポンサーリンク様より



Webetop 155Whポータブル電源 家庭用蓄電池 42000mAh 予備電源 AC100W DC USB出力 持ち運び便利 車中泊 キャンプに 12ヶ月保証
Amazon スポンサーリンク様より





この様な便利な電源があるなか私は

電気というものにまったく知識がなく

Aアンペヤ?Vボルト??Wワット???

など義務教育で習った事さえ忘れてます

なのでこれから【軽キャン】で旅に出ようと

考えてる身としてはある程度電気にも

詳しくならんと突然のトラブル、社内の

電気システム構築にて役立つと思うので

これから少しづつ

【勉強もしていかないと】

思っています(汗)



みなさんDIYで自ら配線してソーラー

充電したり自分の電気システムで

電気をうまく使ってる方が多くいる中

私もそれなりに電気をうまく扱えるように

基礎からの一歩を踏み出したいですね。

電気くん_



やはり長距離、長期間の旅となると

電源はソーラー充電&走行充電で充電

していき、夜その電気を使ってブログ

書いたり、タブレットで映画みたり、

ご飯炊いたり、お湯沸かしたりと

快適な車内を目指していきたいですね。

できれば車の天井は

【ソーラーパネルとルーフボックス】

を装備したいですね。





<前に戻る     次へ>




     <<最初に戻る















(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。